MENU

民事訴訟の進め方

正当な手続きを踏むことが肝要

損害賠償を請求する際には民事裁判によって法廷で決着をつけることがあります。
このとき大切なのが、正当な手続きを踏むことです。
原告としての訴えの中で手続きに不備があると、裁判そのものを開くことも難しくなり、賠償請求どころではなくなります。
今回は、民事裁判を開くうえで必要な手続きや民事裁判の進み方について詳しく見ていきましょう。

 

訴状の提出から

民事裁判は裁判所に訴状を提出することから始まります。
被告側に何を請求するのかという請求の論旨と、その根拠となる請求の原因を記載した訴状は請求額によって提出する裁判所が変わります。
基準となるのは140万円という請求額です。
140万円以下の請求額にとどまる場合には簡易裁判所、それよりも高額な請求になるときは地方裁判所に訴状を送達します。
裁判所の地域は、不法行為が発生したと地域、被告及び原告が住居を構える地域に限定されるので注意しましょう。

 

口頭弁論で主張

訴状に不備が無いことが確認されると、被告の側には期日呼び出し状が送付されます。
これを受けて被告が答弁書を提出したところで口頭弁論が開催されるのです。
因みに、答弁書を提出しない場合には被告側敗訴の欠席判決が下される可能性が高まります。
第一回口頭弁論においては公開法廷で訴状と答弁書の読み上げ、二回以降の手続きを行います。
第二回口頭弁論以降は、原告と被告双方の主張が繰り返され、証拠書類の提出や承認への尋問が行われます。
裁判所は最終的に原告の主張を認めるのか、破棄するのか、それとも減額したうえで認容するのかといった判決を下します。
判決に不服な場合は控訴をすることで、上級審による審査へと移行します。

 

弁護士がいると心強い

民事裁判における書類の提出や証拠の確認は、法律に明るくない方にとっては難しい作業といえます。
弁護士であれば原告の代わりに裁判を進行してくれるほか、手続きも代行してくれるのです。
和解案をまとめる際にも、弁護士の経験が生かされることでしょう。
民事裁判を起こそうと考えている方は、ぜひ弁護士事務所を訪ねてみてください。