MENU

製造物責任と損害賠償

安全でない製品に遭遇したら

私たちの生活の多くは他者に製造されたものによって支えられています。
自宅の中を見回してみても、自分の手で作り上げたものがどれだけ存在するでしょうか?
お店などに並べられている製品の内、信頼出来ると思えたものを購入するのが鉄則です。
今回は、もしこうした製品に不備があり、怪我や死亡事故につながった場合損害賠償を請求出来るのかについて詳しく見ていきます。

 

製造物責任法

購入した製品そのものに欠陥があり、それが原因で損害を被った場合には小売店ではなく製造したメーカーに損害賠償を請求することになります。
その根拠となるのが製造物責任法です。
製造だけでなく加工や運送といった製造業者の一部に名を連ねている企業も、製造物責任法における「製造業者等」に含まれるとされています。

 

どのようなケースで認められるか

製造物責任を追及するには、通常の使用に則った範囲内で備えているべき安全性を欠いていることが要件となります。
例えば、自転車のペダルが外れてしまったことが原因で事故になった場合、常識の範囲内と思われる速度や路面状況で走行していたのであれば問題になりません。
しかし、自己の都合で改造を施し、そうした行為を禁じられていたにも拘わらず法定速度を超える速度で走行を続けた結果事故を起こしたケースでは、購入者側の行為が少なからず事故を誘引していると考えられるため、一概に製造物責任を問うことは難しいのです。

 

注意書きを確認

メーカーを含む製造業者は、製品そのものの安全性だけではなく、製品を安全に使用してもらうための表示や警告を取扱説明書等に記載する義務があります。
言い換えれば、こうした説明書きで警告されているような行為を及んで事故や怪我に遭遇した場合も製造物責任を問うのは困難といえます。

 

弁護士と相談のうえで

製造物責任を根拠とした損害賠償は、メーカーという法人を相手として訴えを起こすわけですから、法律のプロである弁護士に依頼した方が上手くいくことでしょう。
相談に訪れる際にはいきなり損害賠償をしたいと切り出すのではなく、自分が巻き込まれたケースを細かく説明したうえで、どのような手段を講じるべきか尋ねることをおすすめします。

 

 

相続の手続きと流れとは

遺産分割時に焦らないために

将来相続人となることが予測される皆さんは、遺産の受け取り方に必要な手続きをどれくらい熟知しているでしょうか?
大切な人が亡くなった哀しみで頭がいっぱいの中、新しい知識を獲得しながら遺産を分割するのは大変な気苦労といえます。
そうした心労を少しでも和らげるために、今回は相続の手続きについて事前に学習しておきましょう。

 

葬儀の費用はどうするか

亡くなられた方の葬儀が大規模なものになる場合、遺族だけで葬儀費用を捻出するのが難しいというケースも見受けられます。
そんなとき遺産を葬儀費用に充てたいと考えるのは誰しも同じです。
しかし、遺産は相続人の署名や捺印が必要で、引き出しには数カ月近くかかるこることもあるのです。
こうした事態を円滑に乗り越えるには、遺産の中から葬儀費用を取り分けておくと良いでしょう。
葬儀代のための遺産の控除は法律上認められています。
その他にも、引き出しやすい信託商品の活用や、葬儀のための保険への加入も葬儀費用で困らないための手段です。

 

 

 

相続人の確認

遺言書の内容を確認したうえで遺産分割に移る際、不可欠なのが戸籍謄本です。
遺産を相続する人たちはもちろんのこと、亡くなられた方の戸籍謄本も必要であるという点に注意しましょう。
本籍地の変更を繰り返している場合には、それまで居た地域におけるすべての戸籍謄本を用意しなくてはいけません。
戸籍謄本は本籍のある市町村の役場で申請すれば取得することが出来ます。
郵送の請求も可能なので、本籍地が離れているという人はこちらをご利用ください。

 

弁護士の活用

戸籍謄本を取得出来るのは本人や家族だけでなく委任状を携えた代理人にもその権利があります。
そこで思い出していただきたいのが弁護士の存在です。
弁護士は法律の専門家であり、戸籍謄本の取得にも慣れています。
戸籍謄本の取得と同時に相続人の関係性の整理や遺産分割における手続きなどを並行してくれるのです。
忙しい日々の合間を縫って遺産のために奔走しても、取得には相当の時間がかかってしまいます。
弁護士に依頼すれば、自分たちの生活のペースを乱されることなく遺産の相続がスムーズなものになるのです。

更新履歴